無呼吸症候群を見逃さない【快適な睡眠を行うために】

睡眠

睡眠と体の病気

男性

睡眠環境が悪化しがちな現在、短時間でも質の良い睡眠が得られるとして様々な快眠アイテムが人気です。睡眠外来では、普段の眠気を調べる検査が行われており、睡眠時無呼吸症候群のリスクをはかるための参考にされています。

» 詳しくはこちら

特徴と治療法

睡眠

睡眠時無呼吸症候群の人が、交通事故を起こす確率は高く、治療せずに放置することは危険です。また症状の特徴から、閉塞型と中枢型に分類することができます。いずれも慢性的な睡眠不足となりますので、呼吸補助具を使ったり、適切な治療が必要となります。

» 詳しくはこちら

呼吸が止まる病気

自分では気づかない無呼吸症候群の治療に関する情報はこちらのサイトを参考にしましょう。おすすめの治療法を紹介していますよ。

気をつけるべきこと

医者

無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸が止まってしまうことが定期的に訪れる病気です。そうすると脳が休まる時間が少ないために、日中、集中力がなくなり、注意散漫になったり、ぼーっとしてしまうことが多くなります。脳が休まる時間が少ないことが毎日続くと今度は自律神経系にまでダメージが行くことがあります。そうすると様々な病気を発症する恐れがありますので注意が必要です。 また注意散漫な状態になると、運転中に事故を起こす確率が上がり、日常生活に支障をきたす場合があります。また人間関係でもどうしても人の話を最後まで聞くことができずに相手に深いな思いをさせてしまうということがあります。症状が発覚したら放置せずに病院へ行くことが大事です。

特徴とはなにか

無呼吸症候群の症状の特徴としては、睡眠中に呼吸が止まったことを自覚して起きてしまったり、大きないびきをかいていたり、不眠症になっていたりと様々な症状が現れます。寝ているときですのでどうしても自分では気づかないこともあります。しかし集中力が前より劣ってしまったり、いつでも眠気があるという場合には無呼吸症候群になっている可能性があるので注意が必要です。また周りの人に寝ているときの自分の状況を教えてもらうことも大事です。慢性になってしまうと体の様々な部分に支障をきたしてしまうことがあるので早期発見が大事です。 少しでも無呼吸症候群が改善されると今までの症状が嘘のようになくなり、すっきりした気持ちで生活することができます。

無感知の危険な病気

医者

睡眠時無呼吸症候群は本人が誰の力も借りずに気づくことが非常に難しい病気です。最近では定期検査などでその兆候を調べることもできるのですが、気づかないうちは改善もできないので、小さな部分のサインと周りの協力が必要不可欠な病気です。

» 詳しくはこちら